当院からのお知らせ

2017 / 03 / 22  09:09

国家試験に向けての勉強法

こんにちは、院長の近藤和也です。

鍼灸師の国家試験も終わりましたね。笑った人もそうでない人も、まずはお疲れ様でした。

 

 

 

 

さて、今日の記事は、国家試験で残念ながら泣いてしまった人向けのものです。

 

 

 

 

私は国立の大学を出て、しばらく塾講師をしていました。

ですから、勉強のノウハウについては少しは語ってもよいのかなと思い、筆を執った次第です。

 

 

 

 

勉強、と聞くと、「長時間集中しなくてはいけない」というイメージがあるかと思います。

これは半分正解、半分外れです。

 

 

 

 

「集中」はキーワードですが、必ずしも長時間である必要はありません。

短くても良い、いかに集中するかのほうが大事になってきます。

 

 

 

 

そこで紹介するのが「ポモドーロ」という勉強法です。

 

 

 

 

これは、25分勉強して5分休むというのを1セットにし、無理なく集中し続けようというものです。

 

 

 

 

人の集中力は無限ではありません。

長い人でも90分くらいと言われています。

逆に、短い人でも、30分程度は集中できるものです。

この30分を上手く活用していこうというのがポモドーロです。

 

 

 

具体的には、まず25分がっつりと集中します。

この時、メールやラインが来ても無視です。目の前の勉強に集中します。

 

 

 

そして25分がたったら、途中でも切り上げます。

「途中でも」というのがポイントです。

きりが良いところまでずるずると、というのはいけません。

なぜ途中できるのか。

中途半端にしておくことで、次の25分のスタートを上手くきるためです。

 

 

 

 

次の5分の休憩も重要です。

この時間、何をしても良いわけではありません。メール・ラインのチェックはNGです。

目を閉じ、軽く瞑想します。

そうすると、先ほどの25分の勉強が自然と思い出されてきます。

こうして勉強したことを体にしみこませながら、次の25分に備えます。

 

 

 

 

今では ”ポモドーロ” で検索すればアプリも見つかります。

上手に使ってみてください。

 

 

 

 


人気ブログランキング