インフォメーション

2017 / 03 / 09  15:38

一部メニュー改定のお知らせ+ベビータッチの研修に参加しました!

こんにちは!

はりきゅうサロンあおいです。

今回は一部メニュー改定のお知らせがあります。

 

今まで「フットケア鍼灸」のコースを独立させていましたが、一度メニューから外させていただきます。

フットケア鍼灸で使用する手技自体は、今後も「全身調整」などの施術内容に取り入れてゆく予定です。

腰痛、足の指の歪みなどが気になる方は是非一度ご相談ください。

 

 

 

******

 

 

先日はこれまで全く体験したことのない研修に参加しました。

その名も「ベビータッチ」。

鍼灸師の方なら「小児鍼」の技術として、そして私(スタッフ)のような資格のない人ならセルフケアとして、赤ちゃんとの暮らしに取り入れることのできる技術です。

 

 

さて「小児鍼」と聞いて「赤ちゃんに鍼を刺すの?!」と誤解される方がいます。

もちろんそういうことはしません。

大人に使う鍼は赤ちゃんや子供にとっては刺激が強く、逆効果になってしまいます。

それ以前に、自由気ままに動く赤ちゃんに鍼を刺すのは不可能ですよね。

なので、小児鍼では「刺さない鍼」を使います。

 

 

刺さないことを前提に作られた小児鍼はとても形がユニークです。

お人形さんのようなデザインのものもありますね。

http://www.maiple-nagoya.com/fs/shinkyu/c/syounihari

(鍼灸の専門店 メイプル名古屋さんのページより)

 

 

 

 研修には現役の赤ちゃんに参加していただきました。

会場に着くなり大泣きしていたので、ちょっと不安だったのですが…

ベビータッチを受け始めてからこの笑顔!

 

 

 

 

一方、うちの先生は緊張でガチガチなのがわかりますね。

 

 

 

講師の先生曰く、今のお母さんは夜泣きや疳の虫という言葉を知らないそうです。

「疳の虫」は赤ちゃんの額やこめかみに現れます。

漫画のように、血管が青黒い筋になって浮き出てくるそうです。

実際に今回参加してくださった赤ちゃんも、最初は額にたくさんの青筋を立てていました。

 

 

 

「ベビータッチ」では、身の回りにある簡単な道具を使って赤ちゃんのケアをします。

専門的な技術や、力のいる動作は必要ありません。

もしご興味がおありでしたらご相談くださいね。

 

 

 

将来は、赤ちゃんを連れたお母さんが、親子でのんびり寝られる鍼灸院にしたいなと思っています。

 


人気ブログランキング