インフォメーション

2017 / 02 / 12  10:38

お灸と風邪と美髪のお話

こんにちは。

はりきゅうサロンあおいスタッフです。

 

 

先週は私が風邪を引いてしまったため、不規則な営業時間となってしまい誠に申し訳ありませんでした。

院長一人での対応となるため、事前予約のお客様のみの受け入れとなったり、また別日程でのご案内などさせていただきました。

 

 

愛知県内ではインフルエンザが警報クラスで流行していると聞きました。

健康を気にして来院してくださったお客様にもしものことがあってはいけませんので、今回はこのような形で対応させていただきました。

なお、今回インフルエンザの検査も行いましたが、結果は陰性でした。

 

 

この風邪に対して院長が「お灸」で様々なケアを行ってくれたのですが、それがなかなか効果的でした。

ご迷惑をおかけしたお詫びと言っては何ですが、風邪の諸症状にお勧めできそうなお灸について、ここでご紹介してみたいと思います。

 

 

まず「太淵(たいえん)」というツボにお灸を据えました。

太淵は手のひらを上にして、手首を手前に少し曲げたときに、親指側の手首にできるしわの端で脈打つところです。

背部痛や咳に効果があるといわれます。

その時は背中がかなり緊張していて息をすることすらつらかったのですが、お灸を据えてもらった後は深呼吸ができるほどに楽になりました。

 

 

そして「へそ灸」です。

これはおへその上に専用の器具を置き、その中で艾(もぐさ)を焚いて、間接的に温める方法です。

皮膚の表面が温かくなるというより、比喩的に表現すれば、お腹の内側の内臓からじわっと温まってくれるイメージです。

施術後は体の寒気が和らいで、頭痛も軽くなりました。

 

 

この結果を見て、今まで鍼を中心に行っていた先生ですが、お灸への注目度がぐんと上がったようです。

さっそくお灸に必要な本格的な道具をそろえることにしました。

 

 

 P_20170210_224005.jpg

 

これは「桝温灸」です。へそ灸に使う道具です。

男性の院長の手と比べてもだいぶ大きいことがわかります。

実は今までへそ灸はセルフケアとして行っていたので、茶こしなどで手作りしたものを使っていました。

 

 

 

P_20170210_222644.jpg

 

こちらは艾。

中を覗いてみると…。

 

 

 

P_20170210_223054.jpg

 

……結構「ウッ」となる見た目をしています。

原料はヨモギです。

はりきゅうサロンあおいではせんねん灸タイプのものではなく、ひねる艾を使っていきたいなと考えています。

 

 

 

P_20170210_222446.jpg

 

ちょっと変わったものとしては、医療用マーカーも購入。

ツボの位置などにしるしをつけることができて、水で洗い流せるので体に直接書いても安心なんだそうです。

 

 

今回のお買い物はメイプル名古屋さんを利用しました。

意外なことに名古屋周辺には鍼灸関連を扱うお店が少ないので、本当に頼りになるお店です。

 

 

 

最後に…。

風邪を引いている間何度もお灸を受けていたら、不思議と髪質が良くなっていることに気づきました。

さらさらして、でも乾燥してパサつくことがない。

お風呂に入れなかった日もベタつくことがなく、目に見えて艶が増している…。

 

 

院長がいつもお世話になっている先生に尋ねてみたところ、お腹にたくさん存在する「腎」のツボがお灸で刺激されて、血行が良くなり、髪質に影響したのではないかということでした。

 

 

これからクイック美容鍼のコースにへそ灸を取り入れてみようと思いますので、ぜひ髪質の変化を感じてみてくださいね!

クイック美容鍼のご予約はこちら

 

 

 


人気ブログランキングへ